STOP THE KOIZUMI をめぐって[メモ]2005年10月12日 22時00分04秒

“STOP KOIZUMI THE DECTATOR”とか。まぁ、冠詞に弱い日 本人にありがちなミスだけど外人さんがこのバナーを見て失笑 してるのが目に浮かぶ。( ´,_ゝ`)

前の記事に上のような一文を含むコメントいただいたので、以下のコメントを書いてしまいました。

世に倦む日日さんのサイトで説明されているように、昔のストッ プ・ザ・サトウから着想を得ていて、さんざんその時も・・・「こ」 のようなことを言う人がいたけれど、結果的には美濃部氏は 圧倒的支持を得たわけです。アルファベットを使った日本語な んですよ。漢語を摂取した古来から日本語はそのように柔軟性 (いい加減性)をもっていたので、きわめて伝統的なんですね。 エヘヘ(失笑)。

ちょっと極論ですが、言葉は重要だけれども、そこに込められた言葉の本質的な意味やメッセージに対して、議論しようとすることが大切だと思います。

thessalonikeさんが「改革」をどうするのか - 政治言語としての「改革」の揚棄で書かれていることも、「改革」という言葉をめぐって大切なことを提起されています。

「改革」がシンボル操作として機能しているレベルと、現社会の何をどう「改革」しようとしているのかという本質論のレベルとの関連という問題として、私は受けとめました。

thessalonikeさんは『資本論』と対比して、「DAS小泉構造改革」(論)が書かれなければならないとも言われています。『資本論』の著者は、資本が生産過程を包摂し貨幣が資本に転化する結果、資本とは資本・賃労働関係という社会関係であるということを剔抉しました。まさに目の前の現象形態では「お金が増える」(自己増殖する価値)が、そのカテゴリーの背後に何を秘めて成立しているかを解き明かしたわけです。 (それだけでは不十分なことも21世紀の我々は知っているのだと思いますが、それは置いて)

ここ何年もメディアと支配層が唱道していきた「改革」は、常に古い支配体制のスクラップする部分を標的ににして、「国民のための改革」を偽装するものでした。それは、「維新」「革命」という言葉をめぐってもそうだったように、「改革」という言葉をめぐる争奪戦を必然的に引き起こします。

そこで、問われているのは何が「国民のための改革」なのかというクリアーな基準を提起できるかです。たとえば今は説得力が限りなく低減したけれど、「革命とは社会構成体移行である」というような。

そのような意味で、結局、「構造改革」等の内実が何かを提示できるかどうか、そのための基準をきちんともてるかどうかでしょう。民主党前原連や「リベラル」っぽいメディアがすぐに「改革」競争にはまるのは、そのような理論的視座をもっていないからです。(それは別に難しいことではないはずなのですが)。

そして、「構造改革とは新自由主義的改革・国家主義的改革である」という視点の明確化は、ではどのような改革が必要なのかという点の明確化に直結するでしょう。「我々のめざす方向(改革)はこのような社会に向かうことだ」という内容をはっきりさせるということです。そのような意味での「改革」論は、グローバリゼーションとの関係から「うちの街のシャッターが降りた商店街の現状」との関係まで、もっともっと論じられなければならないでしょう。また、それをあらゆる表現形態で打ち出していく必要があるでしょう。

たとえば、STOP THE KOIZUMIならぬSTOP BUSHの表現活動では、このようなプロジェクトとかこういうサイト があって、すごいと思いました。

アナロジーの域を超えて考えると、「改革」とは、「資本」のように学的解剖をしなければならないような、自己運動する範疇とはいえないのだから、我々庶民でも「B層」の喜びを甘受するのでなければ、十分にその正体暴露の情報戦に参加可能でしょう。そして、「社会民主主義」なり「連帯と公共性」なりという方向性をもった視座を共有できるかどうかが求められているのではないでしょうか。