我が国を形成する「民草」の一員として2005年11月03日 18時20分02秒

三笠宮寛仁さんが、女性天皇を「容認」(女性は容認される対象なんですゼ!)することに対して疑問を出されたそうです。

この発言は、波紋を呼ぶでしょうが、ふだんは政治的・社会的発言を抑制されている天皇や皇族が、いざというときには大きな影響力を発揮するというのが、皇室の存在理由の一つなのだから、当然のことです。

とはいえ、報道によると

国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一員として、二 六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言をして戴>(いただ)かなければ、いつの日か、『天皇』はいらないという>議論に迄(まで)発展するでしょう

と書かれているというのは、少々大胆ですなあ。

そりゃあ皇族さま、宮さまからすれば、私たち国民は「民草」に過ぎないのかもしれませんが、天皇の地位は主権の存する日本国民の総意に基づくわけでして、主権者たる国民を「民草」呼ばわりするのは、どうなんでありましょうか。

それから、「万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で続いて来ているという厳然たる事実」とも書かれたというのですが、1945年以前ならともかく、21世紀の現在、そんなフィクショナルなことを言われるというのはどういうことでしょうか。

ブログ「まどぎわ通信の通信」で指摘されている、「今時万世一系の「Y染色体」を信じている懲りない人たち」と言っていることが同じではないかと危惧します。

民主党前原執行部に評価できるところなし2005年11月03日 18時58分01秒

民主党の前原代表は「在日米軍再編の「中間報告」について、「結論はおおむね妥当な面がある」と評価した上で、「プロセスが少し稚拙ではなかったか」と指摘した」のだそうです。http://www.asahi.com/politics/update/1103/004.html

小泉改造内閣に対しても、「期待を込めてエールを送りたい。我々も真の改革を競い合う形で、一生懸命負けないように頑張っていきたい」と言ったのを修正して、「衆院選で勝った数のおごりが表れている」と言い直したそうですが、本質は、新自由主義改革を進める小泉自民党と何ら変わりがないから、最初の「エール」になったのでしょう。

先月末に出された、民主党憲法調査会の「憲法提言」も、評価できません。

自民党の草案に比べれば、立憲主義の意義を一応はおさえているし、国民主権や基本的人権・平和主義という理念を発展させるとは言っている点ではまともです。

しかし、なぜ憲法を改定しなければならないのかという立脚点がまったく説明されていません。

「憲法論議が徐々に盛り上がってきている状況を、私たちは歓迎している」というのですが、その「憲法論議」の内容や必然性の分析・評価が曖昧だから、国家主義的改憲の危険性を明確にしたうえで、それとは異なる憲法の方向を打ち出すことができないのです。

民主党の中には、生活や労働の現場で闘っている人々がたくさんいます。また、米軍再編に真っ向から対している市民運動に関わっている人もいます。国会議員でも前原氏の姿勢に批判的な人の方がおそらく多いでしょう。

現状では、いかなる政党にも期待できませんが、内部からの変革を志向する人々を応援したいものです。

極右政治家の暴言&「野党外交の大切さ」2005年11月03日 19時27分00秒

ともえさんがブログ「カッシーニでの昼食」で「野党外交と多国間協調主義」について書かれています。 石原都知事の「国連憲章なんて、まともに信じているばかいませんよ」 というバカ発言に関わってのエントリーなのですが、そこで言われている、

各主権国家は、国際法を遵守した場合の利益と遵守しない場>合の不利益とを比較し、国際法を遵守した場合が国益に適うと>判断するからこそ国際法を遵守するのではないか。 このシステムの中でうまく立ち回るためには、多くの国から様々>な形で信頼を得ることが必要だ。

という点については、現実論として賛成です。

昔なら「科学的社会主義に相容れない」と批判されるだろう「ブルジョワ主権国家のパワーゲーム」を前提にした発想を共産党員の方が主張するのですから、多元主義が共産党にも浸透しているということでしょうか。

ともかく石原慎太郎のような極右政治家が、国連を攻撃するのは、現実に国連が歪みや不十分さを伴いながらも、集団安全保障としての機能を前進させているからでしょう。

石原氏などにとっては、近代国家を「天皇」や「伝統」などの超越的なものに結合させて信奉することで、(暴言を吐いてしまうような)自己を保てるわけです(石原氏にとってのクスリは超越性を帯びた「国家」なんですね)。武力も含めた防衛力と国家のパワーゲームで安全保障を担保しようとする理性的な保守派と彼らが違うところです。

さて、このエントリーの後半で、ともえさんが言われている、共産党の「野党外交」についての評価は首肯できる面もあります。政党に限らず、労働運動、NGO、非政治的なスポーツ・文化交流等も含めて、国境を越えて交流し意見交換を行うことはよいことですね。

しかし、共産党の中央が行ってきた「野党外交」は非常に政治主義的であることも半面の事実ではないでしょうか。

かつて「金日成同志」「チャウシェスク同志」というように、エール交換していた相手が、どんなに人権侵害と人民弾圧を行っても、平気の平左だったのはどうしてでしょうか。共産党が北朝鮮批判し始めたのは、主体思想を日本の国内に持ち込む(唯一前衛党の「科学的社会主義」を侵害する)と認定されてからです。こうしたご都合主義について、真摯な反省がされたことはあるでしょうか。共産党のいう「自主独立」が、実は自分たち科学的社会主義神官があらゆる政治運動を一国主義的にコントロールしようという、スターリン主義の現れであることは、早くから新左翼の人々が指摘していました。

ブッシュや小泉のプロパガンダに騙されない人々こそが、別のプロパガンダの軽薄さを見抜き、それらを剔りだし克服して進んでほしいと切に願う次第です。