小泉純一郎とクレオパトラ2005年11月10日 23時58分42秒

米軍再編の「中間報告」を閣議決定したとの報道によると

小泉首相は在日米軍再編協議の中間報告については「日本全体の利益 を考えるとやむを得ないという点で、各地域に理解してもらわ ないといけない」と理解を求めた。再編協議が頭越しと反発 する県には「沖縄が最大の基地の負担をしているのに、事前 に話がなかったという気持ちは分かる」と理解を示した。

ということです。保守の自治体首長も反対せざるを得ない、「中間報告」の内容について、あっという間に既成事実をつくっていく、小泉政権のありようは、呆れるばかりです。小泉純一郎氏には、いったい日本の首相としての「国家観」があるのでしょうか。ただ、アメリカの軍事・経済戦略に従属していけば、日本の国益になるだろうというような浅薄な感覚しか、彼の言葉からはうかがえません。

新自由主義改革享受層が、国民全体の福祉や日本国家の将来的な経済・政治戦略を模索することを放棄して安閑としていられるのは、「新自由主義的グローバリゼーションを進める米戦略につきあってれば、得をするからOK」というだけのことであり、その政治的表現を端的に示すのが、小泉氏のロゴスなき言葉なのです。

ところで、かつてエジプトのクレオパトラ7世は、地中海世界の制覇へと突き進む大国ローマに依存することで、プトレマイオス朝エジプトの生き残りをはかりました。ローマ側の偏見から見た、虚像とは異なり、クレオパトラには一時的にローマに従属することを通して、アレクサンドリアをローマ的世界の中心へと押し上げていくという戦略をいだいていたとみなすことができます。

だからこそ、ローマの権力者である、カエサルと次いでアントニウスと男女関係を通してと結びつき、「君主の神聖な国事行為としての生殖」を通して、クレオパトラは、ローマ世界を浸食・簒奪するための世継ぎを生んだのです。

それは、クレオパトラが自らの神性をおびた身体を賭して、ヘレニズムを再興し地中海世界に普遍化しようという投企であったといえるかもしれません。

・・・というクレオパトラ評価仮説が正当かどうかは、意見が分かれるでしょうが、現代日本の小泉純一郎や阿倍晋三に見られる、親米・(プチ)ナショナリストは、上述のクレオパトラに比して何と軽薄なことでしょう。エジプト・ヘレニズムの普遍化をめざしての戦略的従属がクレオパトラのとった道であったとすれば、小泉政府の行っている「対米従属」は、日本が有するなにがしかの普遍性なり価値なりを広げるための戦略ではありません。ましてや国家的存立を確保するために、当面の従属を通して彼我の関係を変質させ、力関係の変化を実現しようというものでもありません。

ですから、彼らは右翼民族派でも民族主義者でもあり得ず、浅薄なポピュリストとして、民族派的心性を利用することはあっても、日本的な価値なり文化なりに信をおいたり、その普遍性に基づいて政治経済的な戦略を構想する立場とは無縁なのです。右翼・愛国主義的人士が小泉改革に対して敵対的な理由の一つがここにあります。

「対米従属」といえば、最近「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」内外で話題となった日本共産党の「二段階革命論」が、第一段階の「従属国からの民族独立の課題は民主主義革命である」としてきたことを思い起こさせますが、そのことはまた改めて。