「もしも全共闘と日本共産党が合流していたら」2005年12月12日 18時14分21秒

 歴史をふりかえって「もしも・・・だったら」と考えることは、その時の現実がはらむ豊かな可能性を洞察することに他ならない。そのことを改めてふと思ったのは、「世に倦む日日」で「ジョンが生きていたらイラク戦争は阻止できていた」の記事で、
2月15日はロンドンで百万人の大集会があり、この数字が世界の人々を驚かせた。日本ではイラク反戦は盛り上がらなかった。せめて十万人の動員はあってもよかった。
と書かれていたのを目にしたから。

 イラク戦争開戦前後、2003年の3月の集会について、意義はあったが、世界の他都市と比べて、あまりにも少ない参加者だった。自衛隊派遣の時もそうだ。
 宮台真司が言うように、<今どきデモや集会で吹き上がっても何の意味もない>という面は確かにある。
 しかし、やはり人が街に出て意思を表明する行動は、TPOが適切であれば現実を動かす力の一つになり得る。
 日本の集会の数が少ない原因について、「一騎当千のカリスマがいたからではないのか。人物がいなければ運動は絶対に成功しない」とthessalonikeさんは書いていて、(それはジョンレノンの魅力的な話になるのだが)、そういう面もあるだろう。が、私は、この日本の社会の政治・文化そのものの問題だと思う。人の意思形成や行動する力そのものを溶解させてしまった、この国の閉塞した状況そのものが根本的な原因なのだ。
 もし、より多くの人がイラク攻撃に疑問をもち、周りの人とそのことを自然に話し、ある人は自然に抗議の行動に移るという状況があれば、運動のカリスマは大衆が育て・創り出すこともできたかもしれない。

 そして、その閉塞した政治・文化状況をつくり出した責任の一端は、左派・革新派の政治エリートや指導者たちにもある。

 最近、通読した島泰三『安田講堂1968-1969』(中公新書)には、次のようなことが書かれていた。
ひとつの仮定をここに置く。もしも、東大闘争の最終局面、つまり1968年の12月の段階で、日本共産党と全共闘が合流していたとしたなら、事態はどうなっただろうか?と。あるいは、日大では右翼・体育会と日大全共闘が合流したとする。
・・・(略)・・・
 そこから、本格的な闘争が始まるはずだ。それがどうなるにしても、日本は新しい道を模索することになる。それは、是非とも必要な道だった。
 なぜ、それがよくても悪くても選択しなければならなかった道だと言うかといえば、それがなかったから、今の日本に至りついたのだと言えるからである。
 この本は重い書である。私は、全共闘の暴力的な闘争方法を基本的に評価できないのだが、この書では、闘争の必然性とその情念をよく理解できた。著書の誠実さが伝わってきた。

 引用文中の略した部分で「この仮定を語ると、当時青年だった現在老年初期の人々は、一様に『とんでもない』という顔をする」とあるが、おそらく政治運動や左翼について、ある程度の知識がある人なら、誰でも「とんでもない」と言うだろう。

 しかし、この歴史の「もしも」はあまりにナイーブすぎるからこそ、現在、何が求められているかを端的に示していると、私は思う。
 もしも「日本共産党と全共闘が合流していたとしたなら」が可能になっていたと仮定すると、それは東大闘争だけの話だけではなく、「左翼」の自己改革ができていたということだろう。
 自己改革とは、日本共産党がスターリン主義を克服し、運動を引き回し党勢拡大の手段にすることをしないということを意味する。社会党も、新左翼諸党派も同様である。全共闘の暴力主義の傾向も同根だと思うので、やはり克服されるということだ。
 いずれにせよ、その「もしも」が成立するような状況ができていれば、その後の連合赤軍事件や公労協ストの敗北やオイル・ショックがあったにせよ、「自分たちだけがいつも正しい」という独善に基づく、労働組合やさまざま分野の運動の分裂、弱体化をかなり避けることができたろう。「内ゲバ」や組合選挙での泥仕合から、若者が政治に接近できないという傾向ももう少し何とかなったかもしれない。

 日本共産党内でも、大学闘争を牽引した「新日和見主義者」たちの粛清も80年代の平和運動における党員追放もなかっただろうし、中央指導者に忠誠を誓うものしか生き残れない中世的な党運営もなくなって、複数の潮流が存在するようになったであろう。
 社会党・共産党・新左翼の断絶ではなく、論争は継続されたはずだし、全体主義的な社会主義を克服する道も、グローバリゼーションに対抗する方策の追究も進んだはずだ。少なくとも、68年世代が国会にもっと進出し、活躍していただろう。

 というわけで、そうなっていたらなら、イラク戦争や自衛隊派遣反対の集会には50万人集まっていたかもしれないし、北朝鮮拉致被害者を支援する集会には「革新」党派が先頭にたって100万人集まっていたかもしれない。

 そうならなかったのは、左翼・「革新」勢力のどうしようもない保守性、党派主義、「自分たちは正しい」という独善が大きいということではないか。「全共闘と日本共産党が合流」できず徹底的に憎悪し合って終わったように。そして、その根底には、言葉によって相手の納得を得るという民主主義的な姿勢の欠如=<物理的な暴力や多数決によって「正しさ」を押し付けようという全体主義>がある。

 左翼・「革新」の今なお残るその傾向を何とかしなれば、憲法改悪や「改革ファシズム」を阻止することもできないのではないか。「決定史観」に立たずに歴史の豊かな可能性から学ぶということは、それを現在と未来に生かすということだろう。


コメント

_ 前田年昭 ― 2006年01月24日 01時10分54秒

はじめまして。
歴史を「もしも」と振り返ることを一概に否定はしませんが、そのような「もしも」という可能性がなかったという歴史の必然性をこそ、なぜかと考え続けることのほうが、より有益で有意義ではないかと思います。

_ memphis ― 2006年01月27日 20時31分51秒

前田年昭様、コメントありがとうございます。
どのような意味で「必然」であったかが問題であろうと思います。
なぜ「左翼」が「スターリン主義」発生させるのかという「必然性」を考えることは、その「必然性」を克服する自由を手に入れる不可欠の道でありましょう。「もしも」は、私にとっては、その手段かもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://anyplace.asablo.jp/blog/2005/12/12/174864/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 「全野」名古屋 - 2005年12月15日 04時29分55秒




「気韻頭日記」05/12/03より転載(一部追加)

人とは、十人十色・百人百色の認識と考えが有るものでしょう。
それが何故、一つの多数派と多くの少数派に別れてしまうのでしょうか?。

共通点を見出して協働しようとする個性と、相違点を見出して拒絶する個性の違いだと思われます。人の個性にこの二つが有るとすれば、最初半々であっても相違点を重視する派は更に細分化していきます。まさに一つの多数派と、多くの少数派に別れるでしょう、4:1::1:1:1:1:1の様にです。

さて、現実の社会で多数派を占めるのは殆どの時代で「我欲」派です、彼らからすれば我欲を押さえ社会を中心に考える人々は、「全体主義者」と言う事に成るようです。

「我欲」は考察して出てくるものでは無く、人間の本能です。この「我欲」派に反対する人々は、反対を唱える都合上「論理」的に成ります。この「論理」に拘りが有ると「違い」に注目してしまい易いのです。
論理の目で探索するなら、ゴマ粒すら同一では有り得ないでしょう。
更に、「違い」を認識するだけなら問題は無いのですが、「違い」を基準にしてしまうと細分化の始まりで、極端な場合には世情「奇人・変人」として扱われる人々と化すのです。

「絶対多数」では無いのに、「比較多数」に過ぎない多数派の思いの侭にさせているのは、「絶対多数派」の狭量な分派・分離行動なのです。

自らを主張するのは良いでしょう、共感を求めるのは当然の行為です、しかし押しつけるのは協働を求める者の最も避けるべき行為です。自らの思いを実現する力も無く主張を押し付けた所で、害こそ有れ益の無い事は自明なのです。
当然、多数を占める事は有り得ず「多数決原理」の社会では、永久にその理想に近づく事は出来なくなります。敢えて実現しようとすると、少数派による「暴力での実権掌握」しかなく「非民主主義」の烙印を頂戴する事になります。
又は、「貧者の麻薬」による洗脳もよく見られますが、問題の先送りだと感じます。

見て来たような事情から、社会の知性は少数派に集い易いのですが、その為社会の役には立ち難い事にも成ります。知性は自らの論理の追究の為だけでなく、社会の為にこそ、その為の協働にこそ役立たせる事がその役割ではないでしょうか、狭小な相違点の探索ではなく共通点への集約こそが、知性の発揮されるべき場所だと思うのです。

「世の知性」には自らの全てを投げ出して、「激反省!」を求むものです。


★第二次世界大戦でナチに教会を追われたマルティン・ニーメラー牧師
(1892-1984)の詩(さる地方議員さんの掲示板より)


ナチが共産主義を攻撃した時私は自分が多少不安だったが、
共産主義者ではなかったから何もしなかった。

ついでナチは社会主義者を攻撃した私は前よりも不安だったが、
社会主義者ではなかったから何もしなかった。

次いで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。
私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。

ナチはついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した。
しかし、それは遅すぎた。
                   ★マルティン・ニーメラー



_ 世に倦む日日 - 2005年12月15日 18時15分43秒

今日も頂戴した投稿をご紹介する。前の記事で、私はニ年前の日比谷公園のイラク反戦集会への参加を2月と書いたが3月8日の誤りだった。この日の集会が国内最大規模であったことは間違いない。ネットで見ると四万人と書かれている。2月15日はロンドンで百万人の大集会があり、この数字が世界の人々を驚かせた。日本ではイラク反戦は盛り上がらなかった。せめて十万人の動員はあってもよかった。締め出された野外音楽堂の中では辛淑玉と吉岡忍が貧弱なアジ演説をしていたけれど、辛淑玉と吉岡忍の話などカネを貰っても聞く気はしない。せめて辺見庸をシンボルとして立てて人を集めるべきだった。主催者はWORLD PEACE NOW...

_ 半共分子の独り言 - 2005年12月24日 22時32分19秒

 今日は怒涛の4連日更新だー、と思って、最初勢いで書いた文章は、ちょっと訪問者があってパソコンを放置して、戻ってプレビュー見て保存しようとしたら、放置中にパスワードが期限切れしてて、失敗して消滅、がっくり。(So-net blog の仕様で仕様がない。) 以下、一から書き直し、はぁ~。
 
で、弁証法。以前に、カッシーニのともえさんと、世に倦むのテサロニケさんの議論があって、弁証法とは何かいな、と思いました。昔~、高校で「ヘーゲルの弁証法」と言葉だけは覚えていましたが、共産主義と弁証法の関係は知りませんでした。
 
弁証法の名前は気になってて、昔、「弁証法」の新書を買ったことがありますが、「難しい、わからん、左翼(アカ)本じゃ」と思って読まずに本棚の隅っこで眠っていたのが、これ↓
 






弁証法はどういう科学か
posted with 簡単リンクくん at 2005.12.23
三浦 つとむ著講談社 (1986)通常2-3日以内に発送します。
オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

 (画像拡大)
「科学」というと、「全頭検査は非科学的である」と米国だかライスだかが言いました。「科学」というのも、怪しげなものです。人間(牛)の個々を捉えず、大衆(群れ)というマスで捉える=統計学的なことを「科学的」と言うのは、何か騙されたような気分です。個々の健康なくして全体の健康なしと言うのは、USアメリカ的には非科学なのか? ウップンはさて置いて、この本、弁証法を科学として考える、というので、科学に怪しさを感じている私としては読みづらかったのですが、まぁ、そこをこらえて読んでいくと、どうやら、私らが、普通に科学的と思っていることは、実は弁証法的であるようです。
 特に、「否定の否定(の繰り返し)」と、「矛盾(敵対的か非敵対的か)」は、重要なことであると思いました。
 僕なりに三浦氏(故人)の論を現代に適用して考えてみると、19世紀帝国主義的資本主義の否定の、20世紀的修正資本主義を、また否定したところに「新」「自由」主義が出た。しかし、その否定は単に昔返りしただけで、「進歩」ではないように思われる。19世紀帝国主義的資本主義のもう一つの否定の近代共産主義は、ソ連も中国もDPR朝鮮も変なことになって否定され、資本主義に回帰したが、資本主義が「新」「自由」の看板だけ...