靖国参拝はどのような意味で「信教の自由の問題」なのか2006年01月13日 23時14分29秒

 朝の身支度をしながら、ほんの5秒程度テレビ画面で、自由民主党の武部氏が、<靖国神社参拝は心の問題で政治問題化させるべきでない。わかりやすく言えば「信教の自由」の問題だ>というようなことを言っていた。

 相変わらずデマゴギッシュというか、「盗っ人猛々しい」というか、ケジメが微塵もない言いたい放題。
 しかし、この男は「マジ」で言っているようなのだから、始末が悪い。

 「心の問題」というお得意の詭弁を弄し始めたのは、武部氏が忠勤に励む御仁だけれど、ヒトラー・ゲッペルスばりに、程度の低いすり替えを何回も何回もメディアを垂れ流されているうちに、新聞の投書欄にも<靖国で戦没者の御霊に祈り、平和を祈念する心を何で問題にするのか>などという声が増えつつある。まあ、狙い通りというところだ。

 しかし、武部氏よ、信教の自由・精神の自由という人権を「冒涜」するのはやめてくれ!
 問題になっているのは、
 ①国民の「信教の自由」を保障し「政教分離」原則を貫く責任を有する内閣総理大臣が、靖国神社という特定の神社を「公的に」あるいは「政治的行為として」参拝すること
 ②内閣総理大臣が、A級戦犯を祀り過去の侵略戦争を美化する特定の神社を同様に参拝すること
 ③内閣総理大臣が中国・韓国の政府や東アジア諸国の人々が非難し、すでに政治的・外交的にイシューとなっている、特殊な神社への参拝を続けること
 なのである。

 小泉純一郎が私的に勝手に「心の問題」として参拝したいなら、総裁選の「公約」なんぞにせず、ひっそりと勝手に参拝すればよい。それはもちろん「信教の自由」であり、私的に神社なり仏閣なりに参拝するのと同レベルといえるかもしれない。(極端な例だが)統一協会や法の華三法行やアレフの宗教施設を参拝するのと同様に、仰るとおり「心の問題」であり「自由」である。しかし、それがメディアに報道され、国民に批判され、その意味で「政治問題化」されないなどということがあり得るとしたら、メディアも批判も議論もいっさいが抑圧された政治空間でしか起こりようがない。山拓氏が「総裁選の争点は世論がつくる」と言ったそうだが、政治家として最低限不可欠の認識だろう。

 だいたい、ナショナリズムを育みながら、遺族会や神道内に根強い右翼潮流を操作的に利用するために、政治問題化させているのは小泉純一郎とその取り巻き連中ではないか。
 靖国神社と密接に連なった国家神道に抑圧された宗教者の「心の問題」や遺族を靖国神社等に合祀されることを拒否したキリスト者の「信教の自由」を、武部氏はどれだけ真剣に考えたことがあるのだろうか。

人気blogランキングへ

コメント

_ Anchorsong ― 2006年01月15日 04時16分32秒

おめでとうございます。

武部氏は紛れもなく何も考えていないような気がします。ヒトラー、ゲッペルスとくれば、あの顔はくしくも突撃隊のレームそっくりではありませんか! あれくらいの認識しかない人なのだと思います。 杉村太蔵クンとのツーショットとかおぞましすぎますね。

_ memphis ― 2006年01月15日 21時20分09秒

Anchorsong さん、今年もよろしくお願い申し上げます。
そうですね、杉村太蔵フィーバーにしろ政治主張以前に、何だかタガがはずれている世の中という感じです。
今日のNHKのニュースでも武部氏の講演か何かの一部を報道していましたが、「総裁候補の名前をあげるのはまだ早い。私を総裁候補などというのは誉め殺しみたいなもの」のようなことを言っていました。あんな発言が「公共放送」(?)のニュースになるというのは、どうなっているんでしょう。

_ Gくん ― 2006年04月15日 23時08分41秒

首相の靖国参拝は、国民の側の「信教の自由」を侵害する行為なのかどうかで判断すべきでは!? 武部氏は、「個人」としての首相にも信教の自由があるという。
1 政府の公式行事として首相が靖国を参拝すれば、政教分離違反を検討しなければならないでしょう。
2 しかし、首相が個人として参拝することは、公的な資格(首相として)によるものであっても、宗教色を薄め、追悼目的を強調すれば可能と解します。 
3 宗教色を薄める趣旨は、一般国民に対して特定の宗教に加担しているという誤解を与えないようにするための配慮です。
4 こうやって、参拝が宗教目的でないないこと、つまり参拝行為が「戦没者の追悼目的」であることを国民への表現行為(パフォーマンス)であるとすれば、首相個人にも「表現の自由」があることから可能と解します。
5 ただし、憲法問題はクリアしても、先の大戦についての評価がらみで、アジア(中・韓)あたりからの批判はまた別問題として残ります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://anyplace.asablo.jp/blog/2006/01/14/210532/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。