賎民資本主義の哀れさ2006年01月16日 22時38分19秒

ライブドア本社や堀江貴文社長の自宅も東京地検が強制捜査を行ったという。以前から指摘されていた、ルール違反について放置はできないということだろうが、なぜ今か。

朝、ヒューザーの小嶋進社長がメディアにしゃしゃり出てきて、弁解と保身を「被害者救済」という美辞で厚化粧したようなことを言っていた。時には涙ぐんだりする、このオヤジの田舎芝居も、私たちの社会は見合っているということかもしれない。
しかし、このタイミングは、いかにもプロットがありそうに見えてしまう。

いずれにせよ、掘江・小嶋氏たちの姿は、まさに現代賎民資本主義のキャラクターだ。堀江貴文氏もこの間、株主総会で涙を見せていたたが、そのあまりのチープさは、テレビCMでの「カイテン、カイテン」と同様に、見ている方の憐憫の涙を誘う。

<体制>にとってどこまで切除の対象になり、本当の哀れな顛末への至るのかどうかはわからない。<小泉的なもの>がこのような賎民資本主義を利用してきたことのつけは、相応に払ってもらわなければならない。

人気blogランキングへ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://anyplace.asablo.jp/blog/2006/01/16/214453/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。