教育基本法を改正してやらせ教育を完成させよう2006年11月15日 21時30分46秒

教育基本法賛成の「やらせ発言」をさせたタウン=ミーティングの問題がクローズアップされているが、法改正の立場から言えば、まったく問題ではない。だから国会で採決の強行をしようとしている「選良」のスローガンは、この記事のタイトルのようであるのが相応しい。

民主主義社会での教育とは、最終的に自己教育である。つまり、自分自身を教育できるようになることが目指される。
たとえば、愛国心や道徳は、社会生活を営む市民の育成には大切なことであるが、その愛国心や道徳は自分自身の価値として内面化していなければ意味がない(自由民主主義社会では)。つまり、学校や周囲の先行者による援助や学習機会という環境ももちろん必要だが、最終的には愛国心や道徳は、自分自身が意識的に育てていくものである。

それに対して、個人は全体の歯車か道具でしかない全体主義社会においては、愛国心や道徳は全体権力が個人に教え込み評価し、外から強制するものである。そもそも、そこでの教育とは指導者や権力者によって注入され、洗脳される営みである。だから教育とは、<やらせ-やらされる>関係においてのみ成立するのである。

教育基本法改正という正しい結論を導くために「やらせ」をやってなぜ悪いのか。そもそも全体主義社会における教育は「やらせ」なのである。卒業式の壇上のどこに国旗を掲揚し、いつ国歌を斉唱し、どのようにな角度とタイミングで礼をし、どのような口の大きさと声量で歌うかを、上から権力者が決定して全体一丸となってやらせるのが、正しい教育なのである。だから、東京都の正しい全体主義教育では、それに疑問を呈するものは正しく処分されているではないか。

「やらせはけしからん」などというなら、教育基本法改正がめざす全体主義教育がそもそも成り立たないのだ。
1940年代の大日本帝国や第三帝国下のドイツやポルポト政権下のカンボジア、そして朝鮮労働党独裁下の北朝鮮などを見ればわかるように、全体主義の下では、教育はもちろん文化すべてが権力による「やらせ」に包摂されるのである。いや人間の精神すべてが「やらせ」に飲み込まれるのである。タウン=ミーティングの100や200の「やらせ」など、米粒の100万分の1くらいのことにすぎない。だから、粛々と改正案を採決するのが全体主義者の正しい態度である。

もちろん、私たちの文化や精神--私たちの頭の中身--のありようを強制と支配のもとにおくことが、永続可能かどうかは別問題であるが。

<追記>ともかく強制と支配はいやだという意思表明をできるだけしたい(たとえば、次のブログの呼びかけなど参照)
議員会館の廊下から玄関にファクスがあふれ出るまで  [憲法・教育基本法]
教育基本法の改悪をとめよう!11・12全国集会
教育基本法、山場、FAXとメールを

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://anyplace.asablo.jp/blog/2006/11/15/941632/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ ++つぶやき手帳++ - 2006年11月15日 23時59分43秒



体調がすぐれなかったけれど、やはり居ても立ってもいられず国会前に行きました。
地下鉄の改札を出ると、公衆電話で年配の女性が「強行採決したのよ!」と怒りの声をふるわせています。「あーっ!ついにやりやがった!」と思い、地上に出るとちょうど国会前で抗議集会がはじまるところでした。歩道いっぱいに広がった人の波をかき分けて、きょうは発言者近くの中心まで行きました。
議員や各運動団体から怒りのメッセージが次々と続きます。なんと私の地元で活動している顔見知りの人もマイクを握って発言を!(あとで挨拶をしてビラをもらいました)聴衆はみな憤怒に耐えかねた面持ちで発言者の声に耳をかたむけ、怒号が走ります。許せない!ふざけるな!ぜったいに廃案だ!

議事堂に向かって怒りのシュプレヒコール。
「教育基本法改悪反対!」「強行採決を許さないぞ!」「安倍晋三は恥を知れ!」
そこから首相官邸に向かった方角に移動して、またシュプレヒコール。
マイクで呼びかける人も、ときどきハァハァと息が切れるほど声をふりしぼっています。それほど激昂して怒り狂っていたんですね。みんなが、とにかく怒りの気に満ちて抗議の声をあげていました。緊急の集会だったにもかかわらず、最後には1000人もの参加者が集まったようです。



小森陽一さんは叫んでました。「国民をナメるな!」と。
そうです。ここまでナメられてこのまま黙っているわけにはいきません。ヤラセを仕組んで民意を偽装しようとしたり、形式だけの公聴会で意見を聞いたようなフリをしたり。公聴会と同じ日に採決するなんて、「意見は言わせるけど、結論は決まっている」と言わんばかりではないですか。100時間もかけて現行教育基本法の具体的な問題を示せず、それでいて「議論は尽くした」と言いくるめる倣岸さ。どこまで人をバカにしているのでしょうか。

なにより、教育に関する法を、与党だけで採決するというのは何事か。
説得や合意をぎりぎりまで追求せず、政治日程の都合で、多数決で押し切るとは何事か。力の論理で教育の内容が決められていいのか。力づくで従わせるのが「教育」なのか。
私たちは政治家に教育の内容を委ねているのではない。
教育の目標は「法律」で決められるものではない。(それがわかっていない民主党ですら採決を拒否していたのに)

自分たちこそが国民の精神を領導できるエリートだとでも思っているのか。
ふざけるな!!!

明日は衆議院本会議で採決の見通し。17時からヒューマンチェーンの第2弾があります。行けばすぐわかります。私は口惜しいけれど、仕事があるので行けません。

「連帯を求めて孤立を恐れず力及ばずして倒れることを辞さないが、力尽くさずして挫けることを拒否する」


↓この記事に「異議なし!」と思ったらクリックしてください^^)