「教基法改定」与党単独採決という歴史的瞬間へ2006年11月16日 08時00分37秒

連日、多くの子どもたちが死を選んでいます。その死が私たちに届けようとしている「声」に耳を傾けなければならない、その瞬間に「教基法改正で教育改革を進めています」という偽装宣伝と、自由民主主義の浸食を狙うイデオロギー的野望のために、予定通りの行動をしていくやり口を記憶しておきましょう。

そして、その報いを必ず受けてもらいましょう。

人間の精神をコントロールしようと、人類が獲得した文明の高貴さを破壊すると、どういう代価を払わなければならないか、歴史から学ぶことができないのなら、教育してあげなければいけません。

言論と文化の力によって。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://anyplace.asablo.jp/blog/2006/11/16/943829/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。