キャノンに親近感をもっていたが2007年01月06日 15時45分02秒

 年末年始で気になったニュースとして、キャノンの政治献金再開と「御手洗ビジョン」の発表がありました。御手洗キヤノン会長が経営者として実績があることは確かなのですが、しかし・・・
キヤノンは26日開いた取締役会で、政治献金を年内に再開することを決めた。自民党の政治資金団体に数千万円を献金するとみられる。  同社は04年6月に外国人の株式保有比率が5割を超えたため、外資比率50%超企業の政治献金を禁ずる政治資金規正法に基づき献金を中止していた。しかし、今月13日に改正政治資金規正法が成立。外国人の持ち株比率が過半数の企業も献金が可能になり、同社の御手洗冨士夫会長が日本経団連会長の立場で社会貢献としての企業献金を推進する姿勢を示しているため、献金再開に踏み切った。
<政治献金>キヤノンが年内再開へ 自民党の政治資金団体に
 法人税減税を政策として掲げる安倍政権与党の自民党に献金をすることが「社会貢献」となるというのは違和感を感じてしまいます。
 御手洗氏の経営が、目先の企業利益にのみ目を向けるのではないという理念に基づくことはわかるのですが、前から「愛国心なき経済改革は失敗する」と言っていたように、彼にとっては公共の尊重=愛国心であり、それは「美しい国」路線へと結びついていくのでしょう。

 ですから「御手洗ビジョン」でも、「美しい薔薇が健やかな枝に咲くように、美徳や公徳心は愛国心という肥沃な大地から萌え出る」(「希望の国、日本」)と書かれています。
 これは単なるレトリックではないでしょう。美徳や公徳心も「愛国心」が前提になるという考え方は、かなり国家主義的なイデオロギーが下敷きにあるといわざるを得ません。民主主義社会での美徳や公徳心は、個人が家族などの人と人との関係において健やかに形成していくものです。北朝鮮現体制と同じ全体主義を唱道していると言われても仕方ないような、復古主義的・国家主義的な内容になっています。(美徳や公徳心を本当に大事にするなら、やらせや粉飾で国民の人権を抑圧する、あの「エセ愛国心」をこそまず問題にしなければいけないのはずですが・・・)。

 経団連のビジョンや会長である御手洗氏の言動・思想とキャノンを直結させたくはないし、そうすべきではないでしょう。
 私は、憬れのマニュアル一眼レフをやっと手に入れた高校時代から始まり、初めて固定給を得る身になって買ったEOSや、その後の初代のIXYデジタル、インクリボン時代から数台を買い換えて使用してきたPC用プリンターなど、生活歴とキャノン製品購入は切っても切れず、ユーザーとしてかなり思い入れがあります。しかし、上記のようなニュースが続くと、どうしてもキャノンと距離を感じてしまい、心情的に残念な気分です。

 尚、経団連ビジョンについては、法人税減税・「労働市場改革」・少子化対策などの内容も大きな論点になり、安倍政権のとるべき経済政策を考えるうえでも、きちんと議論されるべきでしょう。ただ、消費税の引き上げ率を安倍政権の「上げ潮」政策に合わせてたった2%に抑えたりと、ずいぶんと政治主義的な点は非常に危惧します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://anyplace.asablo.jp/blog/2007/01/06/1096505/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。