ここまで来た政治の劣化2007年11月06日 23時07分48秒

先週以来の自民・民主の「大連立」騒ぎだとか、民主党の小沢辞任会見と「元に戻ってきて」騒ぎだとか、あきれて果てて、日本国民であることが悲しくなってきた。

この「選良」たちは、一応、議会制民主主義の原則を知っているはずだ。原則は日本では「タテマエ」に転化するするが、それでも「タテマエ」をすべて忘れてしまったら、欲望から発する直接的情動に堕してしまう。

「大勲位」だとか元ニッキョーのマスコミのドンだとか、もともと「タテマエ」の裏側での蠢きを糧にしている連中と、同じレベルに堕してしまって、何がマニュフェストだ。何が市民の政治だ。生活第一だ。

おそらく、私たち庶民の仕事や生活の場での政治も、きっとこういう惨状を呈しているのだろう。私たちの反映が、この騒ぎというわけなのだろう。あまりに悲惨である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://anyplace.asablo.jp/blog/2007/11/06/1894906/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 雑談日記(徒然なるままに、。) - 2007年12月08日 08時14分11秒

 Web版に出ていない「蜜月の終焉」シリーズ2、3、7、8です。 関連投稿「守屋関連、東京新聞(紙)に出てるけど、Webになくて中日新聞にあったりとか、蜜月シリーズでWebで抜けてるのがあったりとか。」「中日新聞の守屋関連、「蜜月の終焉」シリーズを中心にして資料として採録。」 ※守屋との対比で、従米ケツなめのマダム寿司・小池が浮上なんてことならまさに漫画。 podcast:「マダム寿司」と記者のお愛想笑い ※「読んdeココ」でスキャン→テキスト化しました。「読んdeココ」が読み取り間違いのところは気がつく限り直しておきました。もし更に見つかれば、また訂正します。阿修羅のヘタレコピペ投稿者へ、そ

_ 雑談日記(徒然なるままに、。) - 2007年12月08日 08時14分33秒

 問題意識の鋭さと情報キャッチ力の速さで定評のセキュリティホール memoにもまだ「電子投票」の話題が出てきてない。ブログ界もまだ比較的静かで事態は深刻。ニュース自体が唐突な感じでまるでだまし討ちだが、。  ハンディのない、金のかからない、知恵で勝負、ネット選挙運動解禁に向けての公選法の改正とか、他にもっとやるべき事があるような気がするのだが、。なし崩しに認めの現状なんて、胸先三寸でいつでもチャラになるからね。  日米だけの指紋採取入国システムとか、新テロ特措法(無料ガソリンスタンド法)とか、次々とあって心理的エアポケット状態なのかも知れない、。 ※現在、同志とりあえずガスパーチョが「電子投票