民主党に白紙委任できないのには賛成です2007年01月07日 21時42分47秒

 私の昨日の記事「ピンぼけの共産党による民主党批判」にコメントをしていただけたブログ今日の出来事の「優柔不断な民主党に白紙委任状は出せない」という記事を拝見しました。new-eraさんには拙文をとりあげていただきありがとうございました。

 new-eraさんの記事は拙文への批評という体裁をとられていますが、「優柔不断な民主党に白紙委任状は出せない」という主張が中心点で、つまり実質的内容は民主党批判だと読ませていただきました。

 「優柔不断な民主党に白紙委任状は出せない」という点については、私は全面的に賛成します。
 第一に、共産党や社民党を含めて「どの党にも白紙委任などできない」というのが私の意見ですし、第二に、民主党は本来的に新自由主義的傾向を抱え、内部にもさまざまな色合いの改憲派がいて(その中には国家主義的改憲を推進したり、それへ無抵抗な人々を含みます)、私の個人的な意見とは相容れない部分があるからです。

 ただ、new-eraさんが拙文への批評という体裁をとって、拙文に対して記事を書かれていらっしゃり、どうしても誤解もされていると読めますので、最低限のコメントをさせていただきます。

まず次の点なのですが
かのブログでは、『共産党の<改憲派を包囲・孤立させることが重要課題>とする主張には賛意を示しながら参院選で与党を敗北させることが重要であり民主党勝利を優先させなければならない』、としている。
と書かれていますが、私は、その点を次のように書いているのです。
 しかし、このブログでくり返し書いているように、2007年の現在の情勢での、具体的課題は、国家主義的・米国従属戦争参加目的の憲法改悪を阻止するためには与党を参院選で敗北させることであり、それを、何より優先させなければならないと思うのです。
 私は(共産党であれ、誰であれ)「民主党勝利を優先させなければならない」などとは思いません。そうではなくて、<与党(その中心は憲法改悪を推進する自民党です)を敗北させて、憲法改悪を路線をストップさせ、改憲の発議をできなくさせることが最重要課題だ>と言っているだけです。

 new-eraさんが書かれているように民主党には問題があります。教基法改悪時の国会での民主党の腰砕けには私自身痛憤いたしました。ですから民主党を批判してはいけないなどと私は考えておりません。(たとえば、new-eraさんが言及されている「前原民主党前代表」の時には、「無責任な民主党前原執行部への批判の声を集中し、小泉自民党に奉仕する民主党内の潮流を「解体」させていくことが、今、必要なことです」と書いたこともあります)。

 長くなってしまいましたが、私が志位さんの幹部会報告を読んで言いたかったことは次の2つです。
 1)民主党を批判するのはよいが、「民主党はまったく自民党と同じ」は説得力がないということ。
 2)民主党と選挙協力をどのような形態であれ完全否定して、自民(与党)批判票が分散して自民党の勝利に手を貸してしまうのを、私のような庶民はもっとも恐れるということ。


 1)について、もう少し述べさせていただきますと、実効力のある批判がほしいということです。
 たとえば国民投票法についての姿勢は共産党と民主党では異なります。共産党の立場から、「国民投票法は憲法改悪のステップなのだから断固反対せよ」と批判することは当然でしょう。しかし、たとえ国民投票法に賛成したからといって「憲法改悪の道を開く自民党と同じだ」という批判は説得力があるでしょうか。「イラク特措法」と「テロ特措法」に反対した民主党、「憲法9条に則る」と言っている民主党という現実(それは一面の現実に過ぎないという立場を私は否定しませんが)があり、しかも、国民の中の民主党支持者は共産党の数倍という現実があります。
 そのような現実のもとで、憲法改悪を止めるためには、思想信条の違い、立場の違い、党派の違いを超えて、民主主義と平和主義を守るために力を合わせようという流れを、創り出すことが私は今、もっとも必要だと思っています。
 その<流れ>の具体的存在形態が上記の2)の政党間の選挙協力です。参院選まで半年ある現時点で、あらゆる形態の選挙協力を自ら(結果的にではなく)完全否定することが、憲法改悪阻止の流れにとってどのような効果をもたらすでしょうか。

 安倍政権は今つまずいていますが、当然に自民党は選挙目当ての手を次々とくり出してきます。参院選で野党が足を引っ張り合って与党が大勝するという悪夢が現実にならないように、声をあげていきたいです。「社民主要打撃論」がファシズムの伸張に手をかしたような事態はどうしても避けたいと思うのです。

 尚、私は、「民主党は情報公開型政党」だとは書いておりません。企業献金に私は反対ですが(キャノンに親近感をもっていたが )、共産党より自民党や民主党の政策決定過程の情報が庶民には見えやすいのは事実だと思っています。ただし、その政策が庶民にとって「正しい」かどうかはまったく別問題ですが。
 <情報公開>とマルクス主義の<前衛党>の問題などは、いつか余力があったら考えてみたいと思っています。
[追記]:ブログ「秘書課村野瀬玲奈です」さんから、「各政党への代表窓口」のTBをいただきました。各政党へ意見を伝えることは大切なことだと思います。ありがとうございました。